私たち石上ファームは飼料用米の活用に取り組んでおります!

『日本農業新聞』10/17付の一面に
「米適正生産量679万トン 減産幅過去最大 需給安定へ正念場 21年産主食用」という見出しの大きな記事が載っておりました。ネット上の記事urlはこちら

ここに挙げられている数字がどれほどのインパクトであるのかは専門外ですのでハッキリとしたことは分かりません。ただ、普段の『日本農業新聞』さんの一面トップ記事よりも、さらに大きく目立つ形で記事構成されていましたので、おそらく米農家の方にとってはインパクトの大きい状況なのだろうなということは伝わってきました。

https://www.agrinews.co.jp/p52160.html
https://www.agrinews.co.jp/p52160.html

なぜこの記事について言及したかといいますと、弊社は自社銘柄「まごころ豚」の指定配合飼料においても、またコープデリ「お米育ち豚」指定生産者としても、肥育後期飼料は全量15%の国産飼料用米配合の指定配合飼料を使用しているからです。

『コープデリ商品BOOK2020春』より

主食用米がこのような状況にあるということを知ると、非主食用米の代表格である飼料用米の一端にささやかながら関わっているということに改めて意義を感じます。また、使う効果としましても、「脂の甘みがより美味しくなった」といった評価の声をいただいております
(これは弊社独自の飼料米効果というわけではなく、コープデリさんのほうで「お米育ち豚」ブランドの立ち上げや発展の中で大規模な試食試験や調査など実施もされていて同様だそうです)
(また、こちらの書籍 『飼料米の生産と豚肉質の向上』 にも詳細有り)

「飼料用米を使った豚肉」という意味では他にも、全国の養豚生産者の中でも先駆け的に取り組んでこられたフリーデンさん、平田牧場さん。また、同じ茨城県内でも常陽発酵農法牧場(株)さんが「飼料用米活用畜産物ブランド日本一コンテスト」豚部門の賞を獲得されるなど、各地で取り組みがされています。

ちなみに稲作生産者さん向けの飼料用米関連飼料としては以下のようなものが検索してヒットしました。農水省ページよりもこちらのほうがまとまっているように見えます。
飼料用米・米粉用米の 複数年契約に取組みましょう – JA全農

主食用米がこのような状況であるからこそ、飼料用米に取り組む養豚生産者として、頑張っていきたいものです!また、飼料用米の取り組みが広がっていって、このような主食用米の状況を少しでも下支え出来ればいいのではないかと思い、まだまだ「飼料用米」という言葉自体ご存じない方もいるでしょうから、少しまとめてみました!